7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 便利なテクニック

【デザインを作成する前に必ずやろう!】アートワークの保存

投稿日:

出来上がったファイルデータは名前をつけて保存します。
今回は、データの保存についてご説明します。

【名前をつけて保存する】

データが出来上がった後に保存をすると、作成している最中に消えてしまう可能性もあるので、先に保存してキリがいいタイミングで都度Ctrl+Sで保存をしておくように心がけましょう。

1.保存の選択

コントロールパネルのファイルから別名で保存を選択します。

2.名前をつける

すると、別名で保存のダイアログボックスが表示されるので、名前にファイル名を入力し、保存したい場所を設定、ファイル形式をaiにして保存します。

ファイルの保存する種類は、以下の通りです。

.Adobe Illustrator(.ai):Illustratorのファイル形式
・Illustrator esp(.esp):DTPソフトなどの印刷用のアプリケーションで利用するためのファイル形式
・Illustrator Template(.ait):Illustratorのテンプレートファイル形式
・Adobe PDF(.pdf):Webなどのデータ配信に使われるファイル形式
・SVG,SVG圧縮(.svg .svgz):Web上でXMLによりIllustrator形式に近い表示ができるファイル形式

PR

PR

-illustrator 便利なテクニック

執筆者:

関連記事

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう1 輪郭編

  簡単な図形を応用して、オリジナルキャラや自分のアバターを作ってみよう!という企画です。   ここでは、シンプルなアフロキャラの作り方を説明します。   アバター作製方 …

レイヤーパネルから図形を選択する方法

IllustratorはPhotoshopと同じくレイヤーという概念があります。 Illustratorでグラフィックを作成する時は、いろんな図形を重ね合わせて制作することが多いので、レイヤーの使い方 …

ライブペイントを使用して簡単にイラスト作成!

ライブトレースの使い方で説明したように、Illustratorでは手書きのイラストからも簡単にパスの画像が作成できます。 今回は、作成したパス画像から、ライブペイント機能を使用して、色つきのイラストを …

エンベローブの作成でアーチ型のロゴを作ろう

エンベローブは、文字や図形を円弧状に変形する機能です。通常はまっすぐにしかかけないテキストや図形もメッシュポイントを使用することで、自由自在に変形することができます。 エンベローブの変形は、「ワープで …

イラストレーターでドット柄の文字を作る方法

  イラストレーターでドット柄の文字を作る方法についてご紹介します。 見出しを目立たせたい時にオススメです。   イラストレーターでドット柄の文字を作る方法