7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

絵が上手くなるコツ

イラストや絵が簡単に上達するには

投稿日:2012年9月16日 更新日:

 

突然ですが、あなたは自分の絵に自信がありますか?

デザイナーもしくはイラストレーターとしてプロ、アマ問わず、

説得力のある作品を世に出すにはやっぱり最低限のデッサンスキルが必要になってくると思います。


スポンサーリンク

現役でデザイナーの仕事をしていると特にスケッチやイラストを描く機会が多く、

会議の時などにサラサラッと人前で「こんな感じの・・・」といった具合で描いて見せることが意外と多くあります。

 

もちろん業種にもよると思いますが、イラストやスケッチが基本となるデザインなどを手がける仕事は、こういった基本的な力が仕事の質に影響してきます。

瞬時に立体的で誰が見ても「上手」と思われるようなイラストが描けたら、デザイナーとしての信頼度が格段に上がります。

これは間違いありません。

逆にクライアントはデザイナーやイラストレーターに対して「この人は絵が描けて当然」という期待と思い込みがあるので、

その人の前で上手に絵がかけなかった場合、口には出さずとも「がっかりだ・・」と思われても仕方ありません。

 

これはデザイナーとしては命取りとも言えます。

絵が描けて当然と思われているのに実際はそんなに描けない・・。サラッとすぐに上手なスケッチが描けないとなるとどんなに素敵なデザインが提示できても説得力に欠ける事があります。


デザイナーやイラストレーターの仕事で一発でOKがでるデザインというのは殆どありません。

何度も修正を繰り返して完成に近づけるという事が殆どです。

 

そういった過程が非常に重要なため、途中で見せるスケッチやデッサンに説得力がないと、

他人を驚かせたり、感動させたり信頼を得るという事が難しいのです。

 

また、デッサンの基礎力があるからこそデザインされる作品にも奥深さと説得力が出てくるのだと思います。

私自身も常にそういった姿勢は大切にしたいと考えていたので、

時間がない自分でも簡単にデッサンをもう一度学べる教材がないか?と探していました。

 

そこで、以前に探しまくってようやく見つけたのが、

どんな素人でも毎日10分程度の簡単なスケッチ練習だけで、プロ並みのデッサン力が身につく教材です。

 

仕事で毎日忙しくて教室になんて通っていられないし、

お金も余裕がありませんでしたので、この教材はすごく重宝しました。

そしてイラストや絵の上達もぐんぐんのびていきました。

 

この教材のとてもオススメな点は、

1.毎日10分の練習で十分にスキルが身につくということ
2.本屋などには無い練習方法が公開されていて、実際に力がつく練習方法であること
3.著者がデッサンを見てくれてコメントをくれること
4.動画での説明が非常にわかりやすく、実際に描く手順や、タッチの入れ方がわかること
5.実際に少しの期間でデッサン力を身につけている方が多いこと

 

絵が上手くなる近道は人から直接教わる事です。

しかし、時間のない私達は教室に通ったり学校に通いなおすお金もありません。

 

であれば、先生が直接自分に教えてくれている様な状況で勉強すれば

教室に通っている事と殆ど変わりません。

また、毎月の高額な月謝も必要ありません。

 

何より、自分の好きな時間に1日数十分程度練習すれば良いのですからこんなに便利な教材はありませんね。

最も私がオススメするポイントは、動画で描いているシーンが見られるというところだと思います。


本などでは、実際にどのように陰を入れたりハッチングの方向を入れていくのかが解りづらい事が多いのですが、

これなら動画で具体的な方法を丁寧に教えてくれるので、スキルアップのスピードが格段に違います。

 

仕事で時間の無い私は、このスピードが非常に大事でしたので、書籍を購入してその都度、本を開いてデッサンを描くよりも動画で一目瞭然なので、もっとも効果のあがるやり方だと感じています。

 

私も1、2年前にこちらの教材を試しに購入してみたのですが、開始して数日でこんな感じでスケッチが描けました。
初期の頃のスケッチ画像が残っていたので、掲載してみます。
因みに一枚あたりかけた時間は数分から10分程度です。

実際に現場で使えるスケッチ力というのは、数分でサラサラッと上手に、誰が見てもそれだとわかる絵が描ける事が重要です。

そんな素晴らし力を短期間で身につける事ができるのが、こちらのデッサン教材です。

 

もちろん、練習次第ではもっともっと上手にデッサンが描く事も可能になります。

是非、こういった必要な基礎力を時間のない方にも身につけて頂きたいと思っています。

絵が描ける事はとても楽しいですし、何より人から喜ばれたり、尊敬されたり、いろいろなメリットがあります。

 

デッサン教室に通う時間のない方、忙しいビジネスマンの方

今更教室に通うのはちょっと・・・と躊躇している方。

こちらの教材なら30日間のお試しもできるので、是非トライしてみませんか?

1日10分真剣に取り組むだけでも、あなたの絵心が格段にアップすること間違いなしでしょう。

 

PR

PR

-絵が上手くなるコツ

執筆者:

関連記事

イラレ初心者がまずやること【これだけは知っておこう】

イラレ初心者の方がまず優先してやることは ショートカットキーを憶えることだと思います。   ショートカットキーを使いこなす方法

イラストレーターで絵を描くときの落とし穴

  どうもTAKAです。 イラレでイラストを描くときはどうしてもいきなりPCで作業を 始めたくなってしまいます。 そんなときの失敗しがちな落とし穴をお伝えしてます。   イラストレ …

リアルで写実的な人物を描いてイラストレーターの勉強をしよう!

  イラストレーターにとって、スーパーリアルな絵がかけるって凄く大切。 何故なら「対象を見る目」、「観察する目」が養われるからです。 普通に特技としても周りから「すごい!」と思われますし、鉛 …