7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

未分類

正確な図形を描くための設定

投稿日:2018年2月1日 更新日:

Illustratorには、正確に図形を描くために「定規」や「ガイド」といったような、設定ツールがあります。
位置/角度/ポイントなどを自動表示できるので、正確に描きたいという場合は、このような機能を使うといいと思います。

【定規の使い方】
縦横の長さを図りながら図形を描く時に、定規の機能を使うととても便利です。
ショートカットキー Command+Rを使用すると、定規を表示します。

また、表示>定規>定規を表示でも表示することができます。

ズームツールで画面表示を拡大・縮小すると、連動して目盛りも変化します。

また、単位を変更する場合は、定規の上から右クリックすると単位を選ぶことができます。

【ガイドオブジェクトの使い方】
オブジェクトの描画をしやすいようにガイドオブジェクトで補助線を引くことができます。
ガイドが引いてあっても、印刷や画像出力に表示されません。

1.定規を表示します。(Command+R)

2.定規の上からアートワーク上へドラッグします。

【グリッドを表示】
アートワークにグリッドを表示すると、方眼紙のようなメモリを元に図形を描くことができます。

表示>グリッドを表示を選択するとグリッドが表示されます。

グリッドに合わせてオブジェクトを作成する場合には、表示メニューからぐ

PR

PR

-未分類

執筆者:

関連記事

【一番最初の設定】新規ドキュメントの設定

新規ドキュメントの作成で、最初の設定はどのようにすればいいかご説明します。 作成したい画像のサイズや裁ち落としの設定などができるので、最初の設定方法を覚えましょう。 【新規ドキュメントの設定】 1.ア …

ライブペイントを使用して簡単にイラスト作成!

ライブトレースの使い方で説明したように、Illustratorでは手書きのイラストからも簡単にパスの画像が作成できます。 今回は、作成したパス画像から、ライブペイント機能を使用して、色つきのイラストを …

【ペンツール不要!?】ライブトレースの使い方

ライブトレースとは、写真やスキャンした線画からパスを作成する機能です。 スキャンしたイラストをそのまま線として表せるので、イラスト作成などに役立てることができます。 1.画像を用意する まず、イラスト …

やじるしと曲線やじるしの作成

Illustratorでのやじるしの作成の仕方をご説明します。 photoshopでは、図形ツールにやじるしが入っていたりしますが、Illustratorでは線から作成します。 いろいろな方法がありま …

グレースケールの画像にスウォッチで色をつける

グレースケールの写真にスウォッチで色をつけることができます。 【スウォッチパネル/カラーパネルで色を変更する】 1.色を適応させる写真を選択 まずは、グレースケールの写真を用意します。 2.スウォッチ …