7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 便利なテクニック illustrator 画像処理 未分類

ライブペイントを使用して簡単にイラスト作成!

投稿日:2018年1月6日 更新日:

ライブトレースの使い方で説明したように、Illustratorでは手書きのイラストからも簡単にパスの画像が作成できます。
今回は、作成したパス画像から、ライブペイント機能を使用して、色つきのイラストを作成してみたいと思います。

まず、ライブペイントとは、ライブペイントグループに指定した図形の交差部分を検知して色をつける機能です。
ライブトレースとライブペイントを駆使して、イラストを楽々作成することができるので、パスが苦手な人は、まずライブトレースとライブペイントの使い方を覚えるといいかと思います。
それでは、ライブペイントの使い方をご説明していきます。

1.図形を選択
まずは、ライブトレースで画像トレース>拡張までした図形を選択します。ここまでの手順は、ライブトレースの使い方で説明しています。

2.ライブペイントを作成
オブジェクト>ライブペイント>作成を選択するとライブペイントグループが作成されます。

3.隙間を埋める

出来上がったイラストに隙間があると色が流れてしまうので、そんな時に便利なのが、隙間オプションです。
オブジェクト>ライブペイント>隙間オプションを選択します。

すると、隙間が空いているところに追加でパスのような線が入ります。

4.色を塗る
ライブペイントツールを選択し、「スウォッチ」や「カラー」パネルで塗りたい色を選択し、色を塗ります。

5.イラスト完成!

使い方はわからないけれど、まずはIllustratorを使ってイラストを描きたいという人は、まずこの機能を使ってイラストを作成してみるのをオススメします。

PR

PR

-illustrator 便利なテクニック, illustrator 画像処理, 未分類

執筆者:

関連記事

エンベローブの作成でアーチ型のロゴを作ろう

エンベローブは、文字や図形を円弧状に変形する機能です。通常はまっすぐにしかかけないテキストや図形もメッシュポイントを使用することで、自由自在に変形することができます。 エンベローブの変形は、「ワープで …

スライスツールの便利な使い方【同じ大きさの画像を作成する方法】

イラストレーターで作業する時に、同じ大きさの画像をたくさん作成することもあると思います。 例えばアートボードを分割して、たくさん同じサイズのがオブジェクトを作りたいときなどです。 グリッドを表示させて …

3Dの図形を作成してみよう

Illustratorは平面のイラストだけ作成できるだけではありません。 3D効果もつけることができます。デザインを立体的に見せたい場合は、こちらの効果が便利です。 3Dツールを使用しなくても簡単に陰 …

イラストレーター画面を移動させた時にパターン(柄)がずれないようにしたい

  柄やパターンを作って、よくおこる現象で、「新規ページ」や「別ページ」に パターンを移動させると元の位置より柄やパターンがズレてしまう時があります。 これけっこうやっかいですよね。。せっか …

イラストレーターで文字を変形させる方法

イラストレーターでは文字を簡単に変形させることができます。オリジナルの文字も作ることができるので、コツをつかんでキレイなオリジナル文字を作ってみましょう。