7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 便利なテクニック illustrator 画像処理 illustrator 色塗編 未分類

グレースケールの画像にスウォッチで色をつける

投稿日:2018年1月10日 更新日:

グレースケールの写真にスウォッチで色をつけることができます。

【スウォッチパネル/カラーパネルで色を変更する】

1.色を適応させる写真を選択
まずは、グレースケールの写真を用意します。

2.スウォッチパネルで色を指定
写真を選択したままスウォッチの色を指定すると、そのまま写真の色に反映されます。

3.カラーパネルで色を選択
また、カラーパネルを使用して細かい色も選択できるので、微妙な色の変更も可能です。

【他のアートワークで作成したスウォッチの色を使う】

他のアートワークで作成した色をグレースケールの写真に使いたくなった時に、スウォッチパネルはまたいで使えません。

1.適応したい色のスウォッチをグローバルプロセスカラーに設定
例えば、上記の写真の黄色をグレースケール写真に反映させたい場合、スウォッチオプションからグローバルプロセスカラーに設定します。

2.色を適応させたいアートワークに図形を貼り付ける
そして、色を適応させたいアートワークにグローバルプロセスカラーの図形を貼り付けます。
すると、グローバルプロセスカラーに設定したスウォッチカラーが反映されます。

3.写真に色を適応
そして、写真を選択し、スウォッチを選択すると、色が適応されます。

3.「現在のライブラリーに選択したスウォッチとカラーグループを追加」でも適応可能
同じように「現在のライブラリーに選択したスウォッチとカラーグループを追加」をクリックするとクラウド状で共有されるので、他のアートワークでも作成した色が共有されます。

PR

PR

-illustrator 便利なテクニック, illustrator 画像処理, illustrator 色塗編, 未分類

執筆者:

関連記事

イラストレーターでクラフトテープを作成する方法

イラストレーターでクラフトテープを作る方法を今回はご紹介します。 簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。 イラストレーターでクラフトテープを作成する方法

スウォッチパネルとはどういう機能?

スウォッチパネルは、色を変更する時に便利なパネルですが、使用頻度が高い色を登録することができます。 単色だけでなくグラデーションの色も登録することができるので、細かい設定が必要な色をたくさん作っても登 …

スライスツールの便利な使い方【同じ大きさの画像を作成する方法】

イラストレーターで作業する時に、同じ大きさの画像をたくさん作成することもあると思います。 例えばアートボードを分割して、たくさん同じサイズのがオブジェクトを作りたいときなどです。 グリッドを表示させて …

イラストレーターでオリジナルの絵筆ブラシを作成する方法

イラストレーターでは、もともと入っているブラシじゃ足りないと思った時には、オリジナルの絵筆ブラシを作成することもできます。 マイブラシを作成して、オリジナリティーをUPさせましょう。   イ …

色だけ(or 線だけ)をスポイトで抽出したい

  作ったオブジェクトの中から色だけ抽出したい時ってありますよね。 周りの枠線は抽出したくない!っていうときです。 今回はスポイトを使った便利な抽出方法をご紹介します。   イラレ …