7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

illustrator 便利なテクニック illustrator 図形の描き方 未分類

やじるしと曲線やじるしの作成

投稿日:

Illustratorでのやじるしの作成の仕方をご説明します。
photoshopでは、図形ツールにやじるしが入っていたりしますが、Illustratorでは線から作成します。
いろいろな方法がありますが、まずは基本的な作成方法をご説明します。

【やじるしの作成】

1.線を引く
まずは直線ツールで線を引きます。線の太さと色はそのまま矢印の形に反映されるので、作成したいやじるしに合わせて設定します。

2.線パネルで設定

次に、線パネルを開くと、矢印と書いてあるオプションがあるので、開くと様々な種類の矢印の種類が設定できます。
好きな矢印の表示を変更できます。

3.太さを変更

もう少し線の太さを変えたいと思ったら線パネルの線幅を変更し、矢印の倍率を下げます。

倍率の左が矢印部分の数値、右が線の幅の数値です。

これで完成です!

【曲線の矢印】

曲線の矢印を作成する場合も同じ手順で作成できます。

1.円弧ツールで曲線を描く

ツールボックスの直線ツールから、円弧ツールを選択します。

2.同じ手順で矢印を作成

あとは、直線の矢印と同じ手順で矢印を設定します。
今回は矢印の形と先端位置を変更してみました。

先端位置は、矢印を長さを線の幅の長さに入れるか入れないかの設定です。

これで、簡易的な曲線矢印が作成できました。

PR

PR

-illustrator 便利なテクニック, illustrator 図形の描き方, 未分類

執筆者:

関連記事

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう1 輪郭編

  簡単な図形を応用して、オリジナルキャラや自分のアバターを作ってみよう!という企画です。   ここでは、シンプルなアフロキャラの作り方を説明します。   アバター作製方 …

no image

パスファインダパネルの用途は?

パスファインダは重なる図形を組み合わせて、新しい図形を作成することができる機能です。 例えば丸い図形を重ねることで、花びらのような模様ができるのですが、 パスファインダを使用することで重ねた図形を合体 …

画像の長さや大きさなどサイズを測りたいときに使えるツール

イラストレーターを使っていると、オブジェクトの大きさ、長さを知りたくなる時がでてくるかもしれません。 また、画像のサイズ、長さを知りたい時にどうしたらいいのか。 そんな時には、イラストレーターのものさ …

イラストレーターで新規のシンボルの登録方法

以前、シンボルの使い方をご紹介しましたが、新規でシンボルを登録することもできます。 その方法をご紹介しますので、ぜひ覚えてオリジナルのシンボルを作ってみてください。 イラストレーターで新規のシンボルの …

illustratorで簡単なアバターを作ってみよう2 パーツ作製編

  1回目までの大枠はできましたか?ここからは更に細かいパーツの作り方を解説します。 頑張って完成させましょう!   アバター作製方法2