7日間イラストレーター超速マスター!使い方と裏ワザを暴露

アドビイラストレーターの使い方を1週間でマスター!他では教えていない裏ワザもあります

プロフ

■管理人プロフィール■

こんにちは!

はじめまして 管理人のTAKAです。

イラストレーターは仕事で使い始めて早3年くらいになります。

現在、仕事場ではCS2を使用していますが、自宅の趣味で使っているMacには

CS3を入れています。

年々進化し続けるアドビイラストレーターですが、

基本的な使い方や操作方法などは、従来より変わりません。

今でもイラストレーター9や10を使っている人も多いくらいです。

 

さて、私TAKAの自己紹介ですが、

現在は、アパレル関係のデザインをメインに仕事をしております。

仕事ではイラストレーターを主に使っています。

今でこそ、手足のように自由に使いこなせるイラストレーターですが

私がこの業界で仕事をはじめたばかりの頃(3年前)は

殆どズブの素人でした。

何もわからず、デザイン会社に就職できてしまった私は

会社に入ってから非常に苦労しました。

最初の数ヶ月は先輩方から叱られてばかりの毎日だったことを覚えています。^^;

 

最初の3ヶ月~半年くらいは、イラストレーターの使い方を

マスターする為に必死に、毎日深夜まで練習したものでした。

様々なイラストレーターに関する書籍も読みあさりましたし、

わからないことがあれば、理解できるまでとことん調べました。

それくらい必死でしたので、今では自由にイラストレータを

使えるようになり、逆に人に教える事の方が多くなっています^^

 

————————————————————————————

独学でもイラストレーターを最速でマスターしてもらう

無料メール講座をやってます。1日1分読むだけで

イラストレーターの力が身につきます。

無料メール教室は20秒で登録できますこちら

————————————————————————————

 

 

私が、イラストレーターを使う中で完全に素人レベルから脱却できたと思えた瞬間は

ショートカットキーを無意識レベルで使えるようになった時からです。

初心者の頃ある先輩が言っていました。

「一つ一つの動作を速くこなす工夫をすれば
当然トータル的にも、仕事のスピードはかなり速くなる。」

つまり、目先の仕事を何も工夫せずこなすよりも

最初は多少時間もかかりますが、ショートカットキーをできるだけ覚えて

いつでも使えるようにしておく事が、仕事をよりスピーディーにこなせるように

なるコツであると言えます。

当時は、あまり時間にこだわらず仕事をしていたのですが、

仕事の目標とクリアすべき時間を設定することで、一気に集中力も高まり

イラストレーターの習得スピードも速くなっていました。

始めたばかりの頃はショートカットキーを覚える事の方が手間で

目前の作業を終わらせる事しか考えられない自分がいましたが、

逆に「急がば回れ」の精神でショートカットキーをある程度覚えて、無意識に使えるようになれば

使えていない人より、かなり仕事の処理速度が違ってくるということもわかりました。

 

こういった経験を踏まえた上で

このサイトでは、私が現場で実際に役立った操作方法や

考え方、またイラストレーターの疑問などを集めて

できるだけわかりやすく、画像を入れて説明していきたいと思っています。

あなたの「お気に入り」からいつでも取り出せて、

何かの助けになるサイトになれれば本望です。

自己紹介の最後に私がIllustratorをマスターする上で、

非常に参考になったイラレ本を以下に紹介しておきます。

本から得られる知識は想像以上に大きいという事に気づかされます。

何故なら、現場で働いているプロのデザイナーでも、

意外とIllustratorの詳しい機能や便利な使い方を知らずに

独自のやり方に固執してしまっているからです。

私は本を読んで、実践した力が今ではとても役に立っています。


管理人おすすめ本①

シンプルでとてもわかりやすい本です。
困ったときに開けば、ほとんど答えが載っています。
初心者にはもってこいの本です。
しかも、意外と知られていない便利な技もたくさん載っています。


管理人おすすめ本②

わからない事がわからない時に。。使えます。
どんな質問をしてよいかわからない時ってあります。
頭ではわかっていても、人になんて質問したらいいのだろうって時です。
そんな時に、この本があれば大抵の事は解決できます。


管理人おすすめ本③

Illsutratorをマスターする為におさえておきたいのは、
基本となる「トレース」です。
トレースの感覚がつかめれば、ペジェ曲線はもう怖くないです。
この本にはお世話になりました。

何かご質問などございましたらこちらよりお問い合わせ下さい。

投稿日:

執筆者: